佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 ワールドオブライズ 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[505]  [538]  [565]  [561]  [558]  [556]  [559]  [557]  [528]  [500]  [544
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リドリースコット監督
レオナルドディカプリオ
ラッセルクロウ



「巨匠の手腕が光る社会派エンタティメント」
 監督の名前で映画をみる。そんな監督は世界でも少ない。しかし、リドリースコットはまぎれもなくその一人である。見ていて面白いなあ、誰が監督だろうと思って最後のクレジットでリドリーの名前を見て、なるほどねえと思った次第。名匠なのだ。
 今回もアメリカのテロとの最前線の実情を丁寧に描きながら、アクションとスリル、そして人間ドラマがものすごくバランス良く仕上げられた作品になっている。分かりやすい善悪の色付けを出演者にしない距離感も見ていて心地よい。ディカプリオもラッセルクロウも、そして、名前の知らない中東系の俳優さんもみんな非常に生き生きと映画の世界に生きている。
 大人の鑑賞に十分耐えうる作品に仕上がっている。リドリースコットは名匠だと改めて感じさせてくれた。

2012年4月15日@機内映画
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]