佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 Moratorium Pants旗揚げ公演 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[395]  [435]  [434]  [433]  [432]  [423]  [430]  [431]  [397]  [421]  [427
演劇プロデュースユニットMoratorium Pants旗揚げ公演
作 谷川俊太郎 佐野洋子
出演 橋本昭博 野田久美子
谷川俊太郎(詩人)×佐野洋子「100万回生きた猫」の幻の戯曲


「なるほどね!これはありだなあ」
谷川俊太郎のテキストを基にした30分の芝居と、トーク、ゲスト歌手、ダンスといったバラエティ色豊かな2時間。それも芝居以外は日替わりで変えていく。公演場所も移動していくという公演の形式。この企画力は面白い。肝心の芝居は、橋本ならもっと上を目指して欲しいと強く思った。
2011年10月13日 六本木
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]