佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 ジェットラグプロデュース 誰ソ彼 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[40]  [43]  [41]  [39]  [91]  [90]  [42]  [37]  [16]  [17]  [8
作 又吉直樹(ピース)
演出 深寅芥(空間ゼリー)
出演 玉置玲央(柿喰う客) 鹿谷弥生 西山宗佑 西川康太郎(劇団コーヒー牛乳)ほか



 結構信頼している演劇プロデューサーから、注目の才能だから見てよと言われ、招待までしていただいたので拝見した。又吉さんという人は、コントを書く人だけあって、面白い台詞がいろいろとあった。また、管理人の娘が妊娠を告白するシーンなどは、とても上手く書けている。しかし、台本としてもっと練ることができたのではないかと正直思ってしまった。また、アパートと言いながらも、全ての部屋に間仕切りくらいはあるのではないかと思うのだが、どこからもどの部屋の中身も丸見えという演出になっていて、もう良く分からない。セックスしている若い二人が廊下を走り回るようなことがあるだろうか?男女二人になっている部屋を廊下を歩いている人が見られるようなことがあるだろうか?そして、セックスは映画監督志望者の若者によって長々と撮影されていることになっている。主人公の青年は、彼女の浮気の現場を長々と見続けさせられて、夢も希望も砕かれておしまいという話。
 行動の理由は説明台詞で処理されることが多かったのも気になった。
 アパートの住民は、安アパートのはずなのに、まるで超一流マンションにあるような、ホテルのロビーのような場所で日に日に御茶を飲んだりテレビを見たりして大家族のように過ごしている設定なのだ。もう分からない。大成功した歌手がアパートに住み続ける理由は?分からない。もう分からないことだらけなのだが。それなのに部屋に電話もなく、そのロビーの場所のような電話は共同使用。良く分からない。ううううううううーーーーーーーんん。あと可愛いのだが主役の女の子が台詞を相当忘れたり、オーディションをスケジュールって言ってみたり、今日は舞台撮影の日なのになあ。
 役者さんはこのアイドルの女の子は気になったが他はそれぞれがきちんと芝居に集中し取組みプロとしての成果をあげていた。何かこの不思議な設定もありなのかもと思えるくらいだった。
 美術は、間仕切りもない不思議な安アパートなので、ポップなカラーで処理されていた。そして、上の方にはまるでロイ・リヒテンシュタインのような絵柄があって都会の中であることを示していた。そのような感想を持ちました。

 シアターサンモール
 2008年5月31日
 
PR
最新記事
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]