佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 ゴジゲン チェリーボーイ・ゴッドガール 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[237]  [209]  [221]  [233]  [232]  [227]  [226]  [225]  [207]  [215]  [224
 作演出/松居大悟
 出演/目次立樹 青木直也 星野秀介 堀善雄 加賀田浩二 ほか



 久々にレビューしたい若手劇団に出会った。何の前知識もなくチラシを見て面白そうだなと思い、ネットで予約して入場券を買って観る。そしたら、面白かった。
 入場した時に美術が一時期のポツドールのようで、ああいうのだったら嫌だなあと思ったらちゃんとウエルメイドなコメディになっていて、台詞もよく、センスもあり、役者陣も総じて頑張っていて何しろカンパニーが楽しそうなのである。開始直前のアナウンスに上演時間1時間35分ときいて、こいつらできるんだと思ったのだ。お客さんもきちんと笑っているし、役者もなかなかやるのである。しかし、残念なのが、1時間35分で納められなかったこと。ほぼ2時間近い上演時間でいったい何が起こったのだろうと思ったくらい。女子が再び訪ねてくる。ノック。これでおしまいにすれば良かったのになあと。もう、1時間30分以降はその前のシーンでやったような構造で同じような笑いを繰り替えしたり、長かったり。これが惜しい。作演出をひとりでやると、自制心がなくなるのである。若いってそういうことだから良いのかもしれないけれど。

今日出ているような役者がオーディションで来てくれるようになったら良いなあと思った。
 あと、2階の部屋のはずなのに、住所の部屋番号が101ってのはどういうことなのかと思った。おかしくネ?

 OFFOFFシアター
 2009年5月10日
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]