佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 椿組 黄金の山 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[44]  [46]  [40]  [43]  [41]  [39]  [91]  [90]  [42]  [37]  [16
作演出 中島新 
出演  外波山文明 井上カオリ ほか

 注目を集めるファインベリーの中島新の作演出。公演期間中に観ることができないので、ゲネプロを見せてもらった。しかし、それも大幅に遅刻しているので(外波さん、ごめん!)あまりきちんとした感想を述べることはできない。しかし、面白かった。これは、中島版スゥイニートッドだ。話のスピード感がある。出てくるキャラクターも上手く描き分けられている。演出もしっかりしているので、見ていて飽きない90分だ。ストーリーはある集団の秘密が暴かれ崩壊していくといったもの。その秘密の暴かれ方が、例えば暗示や隠喩といった方法をあまり使わない。どんどん説明台詞を使っていく。自分たちの過去はこうだった。あの人は昔こうだった。これからこういうことをしようと思っている。そういう情報が台詞として与えられるので、ぶれがない。下手をすると陳腐になってしまう手法なのであるが、その出し方が絶妙に美味い。観客が迷い始めるころ、その情報をほしがるタイミングで、カードを一枚づつ見せてくれるのだ。予備校で、うまい講師が解答解説をしている様だ。
 主な話は舞台上で行われない。裏や外で起きている。観客は起きたことの破片だけを観ることができる。そして、前述のような種明かし情報。観客はそれを想像させられるのだ。上手い。
 役者の見事な演技が重なった。このような形式なので、役者は再び舞台に戻ってくる時に、裏で何が起きたのかをきちんと背負って出て来なくてはならない。そして、舞台から消える時に、見えないところで起こす動機をもって去らなくてはならない。それをキチンとやっていた。
 先ずはファインベリーの佐久間淳也が初見だが、所属劇団の主宰の作品ということはあるものの、とても面白い。この作品のもうひとつの魅力は、異臭漂う歪んだ空間での物語の空気感を美味く出し、その空気感をクライマックスにどれだけ濃くしていけるかということなのだが、佐久間の存在は大きく貢献した。そして、長嶺と岡村の絶妙なコンビ。この3人を見て、ああ、これ、スゥイニートッドだ!と思ったわけ。
 椿組で普段、良い役をやる人が、狂気の集団に属している。このキャスティングも妙。
 外波山文明がまるでイエスの方舟のおやじさんのようなキャラを普通に演じきっている。
 田淵、木下は不気味だが常識人。淡々と演じる。また、李と和泉も見せ場をきちんと抑えていて品のいい演技だった。宮本翔太と鳥越勇作はキレと緊張感の濃度を上手く調整して今までで一番良いかも。井上カオリはインテリな役柄を上手く演じ、巻き込まれて気持ちが変化の表現も良かった。というように、個々の役者が安定感をもって演じる。椿組を観ると劇団のアンサンブル芝居の良さを感じることができるのだ。また、音と照明の使い方も見事なので、是非とも注意してみてもらいたい。
 


2008年4月3日(ゲネプロ)
雑遊
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]