佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 チームバチスタの栄光 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[22]  [13]  [45]  [44]  [46]  [40]  [43]  [41]  [39]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督 中村義洋
脚本 斎藤ひろし ほか
出演 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 國村隼 平泉成 山口良一 野際陽子 ほか

 大変優れた知的エンタティメント。物語は冒頭から核心から始まる。すぐに犯人探しが始まるのだ。映画で良くある冒頭の人物紹介のシークエンスなどは、竹内結子が事情聴取をするときに全て処理がされるので無駄がまったくない。ステージもののように、舞台は病院内にしぼられていて、非常に濃密な空気となる。クールな空気が流れている映画の中に、「エグイ」手術のシーンや山口良一さんのトチ狂ったロック中年の歌や死んだ後のMRIのシーンなどが放り込まれる現代的なセンスは、ケラリーノサンドロビッチの芝居のごとくである。キャラが強い阿部寛を冒頭から出さないので、きちんと登場人物ひとりひとりを観客に紹介し分からせた後で出したのも成功。脚本がいいのだ。手術のシーンなどは緊迫感もあり細部にまでこだわっていることが伺い知れる。後半は竹内、阿部と観客も謎解きに参加できるようになっており、いやはや良く出来ている。
 台本で唯一残念なのは、犯人がその殺人の動機を「面白そうだったので殺した」みたいな理由をいうだけで終わってしまうこと。それは、それでいいのだが、それまでが、すべてクールな感じだったので、急にいわれて夢落ちみたいな感じになってしまった。そんな結末なら何でもありじゃん。
 犯人がもう人間として壊れていることを前半で暗示するようなシーンがあったら良かったのにと思った次第。





公式ホームページ http://www.team-b.jp/index.html
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]