佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 NINE 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[303]  [333]  [327]  [330]  [325]  [312]  [313]  [335]  [322]  [321]  [314
ロブマーシャル監督
 ベネロペクルス ニコールキッドマン ジュディデンチ ケイトハドソン ソフィアローレン ダニエルディルイス ほか


 ロブマーシャル監督は、この作品がもともとフェリーニの作品だということを熟知して映画化している。カメラワークの自由さ、叙事詩的なストーリー運び、知性よりも感性に訴えなければならないのである。そこにハリウッド映画の弱点があるように思えるのだ。ハリウッド映画は、徹底的なマーケティングに基づいて多くの人に見てもらいたいと作られる映画なのである。
 マーシャル監督はそれに抵抗し、作家性をこの作品に折込もうとしている。半ば成功し、多いに失敗しているように思える。物語が解体されないまま作品は終わってしまうからだ。
 もちろん見どころは山ほどある。美しい美術、美しい女、美しいイタリア。歌が上手い人はいないけれど、ソフィアローレンの歌声を「ラマンンチャの男」以来きけたのはもうけもの。彼女はいまだに魅力的なのは奇跡だ。ジュディデンチやペネロペクルス、キッドマンの歌もきける。
 映画の中では物語は解体されずにあくまでもハリウッド的に進んでいくのだが、観客の僕は勝手に物語を解体し、感覚でこの映画を見ていたのだ。それほど彼女たちは美しい。

2010年4月19日
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]