佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 オリバー 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[169]  [175]  [251]  [192]  [170]  [148]  [156]  [155]  [163]  [145]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

演出 ルパートグールド
脚本/音楽 ライオネルバート
出演 ローワンアトキンソン




 今回ロンドン行きを決めた最大の理由がこれ。Mr.ビーンことローワンアトキンソンがあの名作ミュージカル「オリバー」でスリ団の親玉フェイギン役をやるときいたからだ。どちらかというと声も出さずに笑いを取ったミスタービーンと真逆。唄って踊って。それも、イギリス人にとって誰もがしってる最高のエンタティメント作品である「オリバー」。今までに多くの名優がやってきた。このプロダクションは1994年のマッキントッシュ版。この初演は、「ミスサイゴン」のエンジニア、映画なら「未来惑星ブラジル」「カリブの海賊」などなど山ほどでているジョナサンプライスがやった。このプロダクションのシンガポール公演も見ているので3回目。しかし、今回は格が違った。出演者の意気込みが違う。決定版にしてやろうという意気込みがスゴい。もちろん12月12日に開幕して10日も経っていないタイミングでみたということもあるだろうけど、いやあスゴかった。ローワンアトキンソンは、元々の台本に忠実であるが、彼自身のオリジナルなギャグも付け加えていた。自分が隠しもっているスリでの戦利品を眺めるシーンでティアラを身につけたり、オペラグラスを出して、1階席を見ながら「おお、このオペラグラスがあれば、私は金持ちが見える」。3階の天井桟敷を見ながら「今度は貧乏人が見える」とやって大受け。これ、よく中村勘三郎さんがやるギャグだけど。古今東西一緒だなと思った。とにかく唄って踊って、動いて面白いのだ。天才ってこれだなと思った。
 もちろん他のキャスト、特にナンシー役のJodie Prengerも良かった。それにしても前に見たときを印象が違うなあと思っていたら、どうも演出が違うし、振付けもあのマシューボーンになっていた。そりゃ違うや。ロンドンに行く機会があったら是非見てもらいたい。



誰かが3階席から隠し撮りした違法映像ですし、画像が悪くてほとんど分かりませんが、ローワンの見事な歌声をきいてもらえます。きっと直ぐに削除になってしまうと思うので、すぐにどうぞ!

12月20日 ドロリーレーン劇場(ロンドン)
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]