佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 モダンスイマーズ 血縁 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[267]  [266]  [264]  [260]  [259]  [249]  [262]  [229]  [247]  [258]  [257
脚本演出/モダンスイマーズ
出演/モダンスイマーズ 古川悦史 ほか



 面白かった。岸田戯曲賞まで受賞した蓬莱竜太の作品ではなく10周年記念だからとみんなで書いて作った作品で、芝居でありながら、どこか10年間結束して頑張って来たモダンスイマーズ自らを祝祭するような作品だった。男の弾けぶりを見ろ!みたいな。それが妙に心地よく、そして、作品をきちんとしめて終わるところも良かったなあ。
 最初に観たのは5年以上前のことだと思うのだけれど、不思議な芝居だった。メンバーは毎回、手書きで来て下さいと手紙をくれた。いまは3000人近く集客するという。手書きの案内状はいつか来なくなったが、作品作りにその誠実さ、一本気さが残っていて本当に気持ちよかった。

2009年7月17日
赤坂レッドシアター
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]