佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 加藤健一事務所 パパ、ILOVEYOU! 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[235]  [244]  [236]  [26]  [234]  [219]  [237]  [209]  [221]  [233]  [232
作 レイクーニー
演出 加藤健一
出演 加藤健一 村田雄浩 石坂史朗 枝元萌 ほか

久々の加藤健一事務所。石坂さんも出ているので観に行かなくては!!!


 台本は極めてオーソドックスに書かれている。主人公が大ボラを吹いていろんな人を巻き込んで行く。そして、それが何とか収束する。自分の未来の出世がかかった大事なスピーチが1時間と少しあとにある。自分の過去のラブアフェアの結実である息子の存在をつきつけられる。いろんな人に気をつかい、その場だけをやり過ごそうとウソをつき、それがまたウソをつく理由になっていく。
 例えば、三谷幸喜の「アパッチ砦の攻防」とまったく同じ構造である。台本のお手本のような作品であるが、これが演じるのが極めて難しいのだ。間合い、テンポ、口跡、視線のひとつとっても難しい。それだけ美味い俳優が必要だということだ。加藤、村田のコンビは鉄板の強み。余裕をもって演じているからどんどん面白くなる。
 僕は本当にみながら背筋が寒くなるような気がした。何か書けそうで書けない。高き壁を感じてしまうのだ。シュチュエーションコメディの鉄板作品。20分の休憩をいれて2時間10分。お客さん、大喜び。石坂さんは肉体も駆使しべらぼうな上手さ。枝元さんは本当に憎めない可愛さがある。加藤健一の息子さんは、ちょっと一本調子だが、若者らしい疾走感があって良かった。



2009年6月6日
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]