佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 十二人の怒れる男 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[289]  [291]  [290]  [287]  [284]  [285]  [272]  [280]  [279]  [278]  [277
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作レジナルドローズ
演出 蜷川幸雄
出演 中井貴一、筒井道隆、辻萬長、西岡徳馬、品川徹、石井宣一、斎藤洋介、岡田正 ほか



 この希代の名台本。途中休憩15分を挟んで2時間40分間、12人の役者はほぼ出ずっぱりで芝居を続ける。オーソドックスな演出だが、出ている役者さんが華やかな分、そういった空気が全体を通して流れる。辻、品川、石井、斎藤、そして、岡田。本当に素晴らしい。筒井も抑えた演技ですばらしく、観客がこの民主主義の原点のような作品と出会っていることを心から感激しているのが手に取るように分かる。そういいながらも、自分は数年前の和田憲明演出の「12」を上に上げる。何か華やかすぎて。


2009年11月18日
シアターコクーン
PR
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]