佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 横浜夢座 エンドレスドリーム 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[255]  [243]  [254]  [253]  [208]  [240]  [248]  [238]  [222]  [235]  [244
企画 五大路子
脚本 高橋亜子 演出 遠藤吉博
出演/五大路子、増沢望、伴美奈子、松本梨香、加山到、今橋由紀、由愛典子、福田麻恵、井田智美

 女優五大路子がどれほど日本と横浜、いや人間を愛しているか。生きることをどれほど愛しいと思っているか。そういう本質的なものが伝わってくる。それは若い俳優にも間違いなく伝授されている。とにかく演劇を愛し身体が動くことを面白がり。五大路子の思いは、ものすごく広いスペースでの上演にも関わらずそれはまだまだ小さい。増沢望、伴美奈子を始めとする名うての俳優陣もそんな思いを五大と共有していた。商業演劇かな?と思って観に行ったのだが、商業演劇のいやな瞬間はまったくなく、一瞬一瞬がホントの時間になっていた。
 技術だけでない五大路子の思い。それは、永久に通じるものでした。スゴい!いいもの見たなあ!!




2009年6月13日
大さん橋ホール
PR
最新記事
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]