佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 ギトリス/キエフ国立フィルハーモニー管弦楽団 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[453]  [442]  [418]  [454]  [444]  [451]  [450]  [447]  [396]  [446]  [440
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キエフ国立フィルハーモニー管弦楽団
ニコライ・ジャジューラ

チャイコフスキー作曲/バイオリン協奏曲(イヴリーギトリス独奏)
メンデルスゾーン作曲/バイオリン協奏曲(川畠 成道独奏)
ドヴォルザーク作曲/交響曲第9番「新世界より」


「砕けていた一流美術品」

 初めて聞くオーケストラは幾つに成ってもワクワクする。特にキエフ、ウクライナという旧ソビエト圏といえどもなかなか聴く機会のないオケで楽しみだった。そして、80才を越え演奏活動を続ける巨匠ギトリス。聞いたことがない。アイザックスターンやヘンリックシェリングといった巨匠に通じるものがあるに違いない。若いバイオリニストと違うものを聞かせてくれるだろうと楽しみにでかけた。
 ギトリスは腰掛けての演奏。バイオリンも支えられないらしくバイオリンを支えるものも登場。それは別にいい。しかし、演奏はミスがあるといったレベルのものではなく酷かった。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲を聴く楽しみが全くなかった。醜態である。お金を取って演奏するレベルではない。もちろん、時おり聞こえるフレーズにはかつての栄光の日に聞かせたであろう。ユダヤ系のバイオリニストの持つどでかいスケールも散見されたけれども。吉田秀和なら、これは砕け散った美術品とでもいうんだろう。破片からかつての輝ける頃の演奏を想像しなくてはならなかった。しかし、それにしても、余りにも材料が乏しかった。時おり聞こえるユダヤの民族音楽のメロディ特有の弾き方も誇張し過ぎで気になった。自ら今日はダメだったと、アンコールで浜辺の歌を弾いた。早く引退しなさい。
 メンデルスゾーンを弾いた川畠は視覚障害者である。しかし、アーチストとして聞いてみると今の若い世代のバイオリニストとしては、相当魅力に欠ける演奏しかできていない。線は細くフレージングも単調だ。このバイオリニストをつぶさないためにも今のうちに君の演奏は良くないよと言ってあげないといけないはず。
 特にギトリスの時にはギトリスの揺れるテンポにつきあわされたこの一流とは言えないオケはむしろ好演したと言わねばならないかもしれない。気の毒で。ギトリスの伴奏の際、必死に合わせるという演奏で時おりオケだけになると水を得た魚のようにいいハーモニーも聞かせてくれた。最後に新世界交響曲。20時45分を廻って始まった新世界交響曲は、こちらも集中力が無かったこともあるが、何かメリハリだけで乗り切ろうという演奏でせっかくの日本ーウクライナ国交樹立20周年の演奏会なのに残念な結果となった。こんな演奏は日本のアマチュアオケでも人前にさらさない。2011年12月2日@東京文化会館
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]