佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 犬と串 UZUKI chan 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[465]  [459]  [464]  [449]  [453]  [442]  [418]  [454]  [444]  [451]  [450
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モラル・作/演出
鈴木アメリ、堀雄貴、萩原達郎 ほか /出演



「若いからこそできるこの豪華なバカバカしさ」
 王子小劇場で公演した前回の全裸になる作品も好きだったが、センスのある格子縞のパンツに身を包んで演じられる今回の性をまつわる少女の冒険物語=思春期のラブストーリーも好きだなあ。恋愛にある理不尽さもきちんと残っていたり、少女が思う自分勝手な妄想もきちんとあるが、全部乾いた視線で距離感をもってモラルの視点で構成されている。言葉一つ一つにイチイチ小道具が出て来たり、衣装が変わったり、無駄で疲れる大技の演技を見せたり。若いからこそできるハイテンション、バカバカしさがここにはある。観ているだけで元気になれる。心が充足されていく、そんな芝居がここにはある。異様にキレのある俳優たちは誰もが魅力的だし、秋山光洋の舞台美術はセンスがいいし、伊藤孝を照明に迎えるなど、いやホントにスゴい体制で上演しているんだなあ。裏は小道具や衣装で溢れているんだろうなあとも思う。ホントに観るものを幸せにさせてくれる芝居だ。
早稲田大学劇研アトリエ 2011年12月12日(通し稽古で拝見)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]