佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 ペントハウス 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[526]  [505]  [538]  [565]  [561]  [558]  [556]  [559]  [557]  [528]  [500
ブレッドラトナー監督
ベンスティーラー・エディマフィー・マシューブロデリック・アランアイダ

「ニューヨークを味わいながら楽しく過ごせる2時間」
 ニューヨークのいろんな風景の取り入れ方が見事である。ニューヨーカーなら誰でも知ってるコロンバスサークルにあるトランプタワー。そこが舞台。ニューヨークのサービスやってる人はこんなに楽しい人ばかりじゃないけどなあと思いつつ楽しく見た。シャカシャーキーという新しい人気ハンバーガー屋さん。マンハッタンに何軒もあるんだけど、その8番街43丁目の店が出てきたり。感謝祭のメーシーズのパレードが出てきたり。
 金融マンに一般人が合法的に金を奪われることは良くあり得る。でも、泣き寝入りがほとんど。そんな事件も多く起きたから、こんな夢物語もいいじゃないか。名うての俳優が見せる楽しい映画である。そして脇役の俳優の味わいのあること。脇役は出番が少ない、台詞も少ないから、出てきてアップでなくても一瞬で観客の心をとらえなくてはならない。そういう俳優がどれだけいるんだ、この国は!傑作ではないが、見ていて楽しい。ニューヨーク好きに特にオススメしたい。
2012年4月16日@機内映画
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]