佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 映画「これでいいのだ!」 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[510]  [523]  [518]  [491]  [524]  [520]  [502]  [519]  [488]  [512]  [461
監督/佐藤英明 脚本/佐藤英明 君塚良一
出演  浅野忠信 堀北真希 阿部力 木村多江 いしだあゆみ 佐藤浩市 正名僕蔵  粟根まこと 新井浩文 土屋裕一 内藤陳 ほか 



「赤塚不二夫とその時代へのオマージュ」
 この作品の評価は低い。しかし、初監督の佐藤英明は長年の知人である。相当苦労して撮っていた事も知っていたのでつまらないとどうしようと観ないでいた。廻りの評価もあまり良くなかったからだ。例えば、浅野忠信が二枚目すぎて赤塚になりきれていないなんていう噂もきいた。
 しかし、僕は断言する。この作品は面白い。これでいいのだ。
 作品は赤塚と赤塚を生んだ時代のオマージュとして見事に描かれている。浅野も堀北もとてもいい魅力的な演技をしている。画面からは疾走する時代が感じられる。廻りのディテールの扱い方にも愛情が感じられるし、美術もカメラも素晴らしい。映画のラストの20分に疾走感がなくなりホンワカ温かい普通の映画になってしまっているが、佐藤監督の全身全霊を傾けた映画への愛情溢れた作品。メジャー資本で作る新人監督の作品である。これでいいのだ!
2011年3月12日
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]