佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 ウォーリアー Warrior 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[443]  [473]  [470]  [469]  [468]  [467]  [471]  [475]  [460]  [466]  [465
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

監督/ギャヴィン・オコナー 出演/ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティ Director/ Gavin O'Connor Writers/ Gavin O'Connor , Anthony Tambakis (screenplay)  Stars: Tom Hardy, Nick Nolte and Joel Edgerton
撮影/Masanobu Takayanagi


「説得力のある肉体、リアル感を盛り上げるカメラと編集」
 この予告編を観て欲しい。役者が肉体を鍛えてここまでするのだ。物凄い。正直いって無名の選手が格闘技の世界大会に出るだけでもヘンテコなのに、それも兄弟が二人も出て決勝戦まで残るってのがちょっとやり過ぎだと思う分かりやす定番家族愛ストーリーです。それもちょっと赤面系だ。しかし、役者がこれだけの肉体を作り上げ、肉弾戦のアクションを見せられると、何か頭が覚醒してしまうのでしょう。物凄い説得力となる。またその演技を支える撮影が素晴らしい。これが日本人で良く名前を見かけるMasanobu Takayanagi ドキュメンタリータッチの撮影手法でリアル感を盛り上げるのに物凄い効果。編集とともに素晴らしい。がっかり映画の「明日のジョー」と比べるとこの映画のスゴさが分かる。
2012年1月13日 機内映画
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]