佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 帝国劇場 レ・ミゼラブル 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[345]  [393]  [413]  [390]  [389]  [387]  [386]  [374]  [385]  [382]  [376
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 これほど退屈した「レ・ミゼラブル」は初めてだ。数年前に別所哲也さんに招待して頂いてみた時は、久しぶりの「レ・ミゼ」(日本では今から25年前に見たっきりだった)というよりも、別所さんはじめとする人々の歌のうまさに舌を巻いた。いいな「レ・ミゼ」と思ったものだ。今回はその25年前の初演の時に看板を背負っていた人が勢揃い。期待は高まる。
 2階の前方で見ていたからつまらなかったとは思わない。今宵はスペシャルキャスト。鹿賀丈史、岩崎宏美、島田歌穂、斉藤晴彦、鳳欄など豪華キャスト。しかしね、声が出ていない。むかし、ロイヤルオペラの来日でアグネスバルツアが、ホセカレラスとカルメンやって、すごかった。2回聞いて、一生これ以上のカルメンは聴けないのかもと思った。バルツアの頂点の最後の頃だったんでしょう。どかーっと落ちた。最近は自分が歌って損しないものを選んでいるようだけれども、落ちた後もしばらくはタイトルロールを歌ってて、10年もしない間に藤原歌劇団にも客演してカルメンを歌ったんだけど、がっかりしたものだ。演技でカバーしようとしているけれども声がないのだ。
 それが今回起きていた。特に斉藤晴彦さんは酷かった。大好きな俳優さんなのにな。岩崎宏美でさえ、あの頃のフォンティーヌの声はない。ジャベールの鹿賀さんもしかり。全編歌だから、歌で表現できないとこの作品は辛い。良かったのはマリウスの石川禅(今はジャベールをやってるという。初演の時は野口五郎か誰かがやったはず)。やはり初演の時にはいなかった、アンジョラスの岡幸二郎や、ジャンバルジャンの今井隆も良かった。また、経済とHに出演してくれた土屋研二さんが、アンサンブルで出ていて、それも「ドリンクウィズミー」といういいナンバーのワンコーラスソロで歌うのだ。非常に東宝チックな歌い方でちょっと個性が消されていたけれども、良かった。芝居では自分らしさを出そうとしてかいろいろと工夫して演じられていた。あと、子ども店長の加藤清志郎君が良かったが、上手すぎて小癪。
 とにかく、他が…。カーテンコールでは総立ちで拍手喝采だったが、きっと「レ・ミゼ」ファンの方々が在りし日の名演を思い浮かべていたのだと思う。今宵はただただ退屈だった。
5月12日18時15分開演 帝国劇場
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]