佐藤治彦のパフォーミングアーツ批評 東京家族 忍者ブログ
自ら演劇の台本を書き、さまざまな種類のパフォーミングアーツを自腹で行き続ける佐藤治彦が気になった作品について取り上げるコメンタリーノート、エッセイ。テレビ番組や映画も取り上げます。タイトルに批評とありますが、本人は演劇や音楽の評論家ではありません。個人の感想や思ったこと、エッセイと思って読んで頂ければ幸いです。
[670]  [687]  [680]  [682]  [662]  [683]  [676]  [673]  [677]  [679]  [675
山田洋次監督作品 山田洋次共同脚本





松竹映画の伝統を引継いだ21世紀の「東京物語」

山田洋次監督は小津安二郎とは全く違うと思っている。小津さんが、日本のビスコンティのような、中流家庭を扱いながらも、その美術や絵の凝り方、絵の削ぎ方が貴族趣味といっていいほど高いものに対して、山田洋次監督のものは、もっと自然体である。家庭の雑然とした世界の良さをものすごく大切にする。松竹の監督であっても別物だよなあと思っていたけれども、「東京物語」の舞台版を山田洋次さん演出で新派の芝居として見たことがあってそれは別物であるけれども、「東京物語」の核になる部分をきちんと捕えた作品に仕上げているのでとても感動した。1950年代の映画「東京物語」のオマージュでありつつ、それは21世紀の3/11以降の日本社会を背負った芝居の「東京物語」だったからだ。
 映画版も同じであった。冒頭の風景シーンなど小津映画の手法そのままで、いま小津さんならいったいどんな風景を撮るだろうか?と思っていたら、なるほどねと思った次第。カメラの位置もローアングルだったり、台詞の言わせ方なんかも小津映画の手法を意識して作品は始まる。おおよそのプロットは「東京物語」なのだが次第に小津的な要素は山田洋次監督の世界に昇華されていく。  ただ、この手法難しいらしい。名うての俳優でありながらも、特に冒頭の幾人かの俳優の芝居の下手さには驚いた。これでOKなのかと思った。演技陣では、橋爪功、吉行和子はさすがに旨い。つけいる隙のない演技を見せる。だからといって旨さを際立たせるようなことも何もしない。なりきり、さらけだし、削ぎ落としているのに見せるのである。まあ予想通り、彼らよりも感心したのは妻夫木聡と蒼井憂の演技である。橋爪、吉行に匹敵する名演技を披露する。特に妻夫木の役柄はとても難しい。それが名演。何て男だ。感心した。
 そして、落語は旨いかいいのかは分からないが林家正藏。この人の演技も見事である。先に書いた4人の演技が自然体、なりきり、さらけだし…だとすると、正蔵の演技はもう少し芝居がかっているけれども、その加減さが見事なのである。
 今回の主役は妻夫木であった。妻夫木が母と父に家族として、深く受けいられていく話であった。そういう意味で、「東京物語」とはチト違う。
 久しぶりに映画館で松竹映画を見て、この映画などはきっとDVDで十分と思う人が多い映画なのであろうが、やはり映画館で見る映画はいいなあと思った。僕がふと落涙したあとにすすり泣く声が廻りから聞こえ始める。いやそれ以前から場内の空気が共有される。いい空間であった。
 この幸福感はかつて寅さんを上野や浅草で見た時のそれと共通しているものがあった。山田洋次は、名匠小津安二郎の大切なものは残しつつも完全な山田洋次映画、そして、それは21世紀の松竹映画の代表作となる作品を生み出したのだ。それは、日本文化の財産でもある。
 2013年3月2日@渋谷シネパレス

追記: 個人的に嬉しかったのが「男はつらいよ」のレギュラー出演者でありながら、いつの間にか存在感がものすごく薄くなった寅やの店員、三平ちゃん役の北山雅康さんが出演していたこと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(05/28)
(03/30)
(02/21)
(12/31)
(09/28)
(06/09)
(05/12)
(12/31)
(09/08)
(06/02)
(02/09)
(01/10)
(12/31)
(10/17)
(10/13)
(08/02)
(04/11)
(12/31)
(10/10)
(09/14)
(09/10)
(09/07)
(08/31)
(08/30)
(08/16)
プロフィール
HN:
佐藤治彦 Haruhiko SATO
性別:
男性
職業:
演劇ユニット経済とH 主宰
趣味:
海外旅行
自己紹介:
演劇、音楽、ダンス、バレエ、オペラ、ミュージカル、パフォーマンス、美術。全てのパフォーミングアーツとアートを心から愛する佐藤治彦のぎりぎりコメントをお届けします。Haruhiko SATO 日本ペンクラブ会員
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/24 おばりーな]
[02/18 清水 悟]
[02/12 清水 悟]
[10/17 栗原 久美]
[10/16 うさきち]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]